miku's diary

3歳長男と2歳双子のワーママの日常

愛育病院での出産レポ

長男の出産は初産ということもあり、不安も大きかったので、無痛分娩が24時間出来る病院を探しました。

都内御三家(聖路加、愛育、山王)のひとつで設備が整っている愛育病院を選択しました。

 

妊婦検診も出産費用も庶民の私にはまぁ〜お高くて目が飛び出そうでした😱笑

 

大人気の病院なので妊婦検診の予約を取るのも一苦労で仕事の調整もなかなか大変でした。

予定日が2020年1月1日だったのですが、2019年5月に妊娠が分かってすぐ電話したところ、今年はもういっぱいとのことでギリギリセーフでした😮‍💨半年以上先まで分娩予約が埋まっているとは恐るべしですね💦

 

設備はやはりとても綺麗で清潔で心から安心して出産に臨むことが出来ました。田町駅から徒歩7分くらいだったかな。

f:id:mimosa0102:20231107222904j:image

f:id:mimosa0102:20231107222918j:image

f:id:mimosa0102:20231107222914j:image

f:id:mimosa0102:20231107222924j:image

 

愛育病院は母子同室で、産まれた直後にカンガルーケア後、ずっと一緒に過ごします。

どうしても休みたい時(3時間まで)やシャワーやトイレの際は預かって下さいます。

私はどうしても睡魔に襲われた時や気分が優れない時は遠慮なくお願いしました。

新生児期は夜中も2〜3時間おきの授乳で心身共に過酷だったな。授乳室で助産師さんと深夜必死に授乳練習したのが懐かしい…

 

私は後から知ったのですが、愛育は母乳育児が超スパルタなことで有名なのです😭

噂通り全く容赦ありませんでした(泣)

最初は大苦戦で、激痛と戦いながらでした。

愛育で母乳信仰を植え付けられたせいか退院後も産後2か月過ぎから桶谷式のマッサージに通い、今思うとめちゃくちゃ必死でした😅

下の双子は早々にあっさり完ミにしましたが。笑

 

会陰切開の傷がズキズキ痛み座れなかったのでドーナツ型のクッションが手放せず、授乳クッションとともにお世話になりました。

 

コットに置くと即背中スイッチ発動して、鼓膜が破れそうな大声でギャン泣きしまくる息子との生活は双子育児より過酷でした…😫


f:id:mimosa0102:20231107222909j:image